iPhone6s 予約 SoftBank

体格を引っかかるなら店舗のPCを持って見るべし!

iPhone6s(アイフォン6)の筐体調はiPhone6と同じです。
iPhone6sのボリュームで迷ったら、お近くの家電量販店か、携行店頭へ赴き、直接的手で持って下さい。

 

iPhone6sの分量と重さ

  iPhone5s iPhone6s iPhone6s Plus
高さ 123.8ミリ 138.1ミリ 158.1ミリ
範囲 58.6ミリ 67.0ミリ 77.8ミリ
厚さ 7.6ミリ 6.9ミリ 7.1ミリ
目方 112グラム 129グラム 172グラム
手立ての小さいユーザーはiPhone5s

iPhone5sは小さく、片手ですっぽり入ります。iPhone6のほうが動きが良いですが、仕方のちっちゃい夫人や男性はiPhone5sで十分だと選ぶ人も多いだ。

片手で操作できるiPhone6s

iPhone6sは片手で操作できる走り込みのがたいに作られています。財布に入れて持ち歩くことが多い

手提げに添えるiPhone6sPlus

iPhone6sPlusは著しいのでバッグに入れて持ち歩くようになります。ポケットに入れていて、座ったときに折れてしまったって講話とか、無いのでするっと落ちて画面が割れてしまったと言うことは良くある講話。
持つときも、バンカーリングやストラップをつけて落下回避戦略もした方が良いかもしれませんね。

 

iPhone6sのスクリーン容積

  iPhone5s iPhone6 iPhone6Plus
ディスプレイ容積 4インチ 4.7インチ 5.5インチ
解像度 1,136×640ピクセル 1,334×750ピクセル 1,920×1,080ピクセル
ピクセル密度 326ppi 326ppi 401ppi
色あい 800:1 1,400:1 1,300:1
最長輝度 500cd/m2 500cd/m2 500cd/m2
動画を楽しむ・文献をよむiPhone6sPlus

必要の退職年月やふとした合間に動画を見たり電子誌を読みたいならiPhone6sPlusがオススメです。
解像度がフルハイビジョンの1920×1080なので、高画質で見れます。

ケータイとして使いたいiPhone6s

iPhone6sは呼出、メールアドレス、単なる仕事用のアプリケーションを取り扱うにはほど嬉しいがたいだ。バラエティ目標が僅かのであればiPhone6sにすると、良いです。

 

iPhone5sとiPhone6の体格の差

iPhone6sもiPhone5sも片手で持って操作するのは簡単です。
iPhone6sのほうが少なくてでかいので、うっかり手段が滑って落としてしまうと言うことが多発していらっしゃる。
シリコンジャンルをつけて落下ときの感嘆を消すか、バンカーリングをつけてうっかりアプローチが滑らないように工夫すると良いですね。

 

iPhone6とiPhone6Plusの分量の幅

iPhone6sとiPhone6sPlusは、体積がかなり違う。
iPhone6sPlusを取り扱う場合は、片手で操作するのは著しいだ。
「明瞭行き方システム」を使ってターゲットリンクを双方タップすれば、画面が下にスリップ行う。
こういう反応を使えば日常親指で届かないコンポーネントもいじることが出来ます。

 


iPhone6s 予約サイトへ


SoftBank【iPhone6s】

ページ確保トップ

ご予約はこちらから

↑↑↑↑↑↑↑

〜国内どこでも送料無料〜

iPhone6s/iPhone6s Plus公開!